ホーム > 活動ブログ

医師紹介 交通アクセス 採用案内 広報誌「なんてん」 活動ブログ フェイスブック 谷田会関連施設 お問い合わせ リンク 当院は(財)日本医療機能 評価機構認定病院です。

特定医療法人 谷田会 谷田病院

〒861-4601
熊本県上益城郡甲佐町岩下123
Tel:096-234-1248
Fax:096-234-1249

H28年谷田グループ忘年会

2016年12月22日

先日、谷田病院および関連施設 桜の丘等合同のH28年谷田グループ忘年会が行われました。



今年の場所はホテルニューオータニで行われました。



乾杯の前に、コーラスと今年を振り返るビデオが上映されました。



理事長・院長の挨拶です



事務部長による乾杯のかけ声にて、宴が始まりました



宴も盛り上がった所で、余興の時間となりました



桜の丘による、パーフェクトヒューマン。かっこよかったですよ



そして当院からは、糖尿病スタッフによる「恋ダンス」を披露しました



1曲が1分30秒ほどと短いので2回踊りました

終了と思いきや、アンコールの声が、、、



今回、ダンスを指導してくれた先生による特別バージョンでアンコールに応えました!さすがに、キレッキレです(笑)

恋ダンスはFB動画にもアップしてますので、興味があればぜひご覧下さい。

https://www.facebook.com/pg/yatsuda.hp/videos/



余興も終わり、くじ引きで豪華景品が当たる催しも!

自転車が当たった方もいました。乗って帰られたんでしょうか、、、?

 

そして、あっという間の2時間で終了となりました。今年も盛り上がりました。また、来年も頑張りたいと思います。

以上、谷田グループの忘年会でした。

人吉めぐり

2016年12月5日

先日、糖尿病友の会スタッフで人吉めぐりを行いました!

毎年1回行っている、糖尿病友の会レクレーションの視察になります。

あいにくの雨模様となりましたが、視察はバッチリ!スタッフも楽しみながら人吉をめぐりました。



まずは、人吉クラフトパークに到着!



ここでは、木箱作りを行いました。あらかじめ絵が書いてある木箱を塗ります。



お手本を参考に塗っていきますが、意外と難しい!?



みんな真剣に塗っていました。気がつくと手が絵の具まみれに、、、?



こちらは完成品です!2時間ほどかかりましたが、なかなか上手に出来上がりました!



ちょうどお昼時となりましたので、糖尿病らしく付近のブルーサークルメニュー(糖尿病の方でも美味しく食べられる外食)でお昼♪

 



続いて、青井阿蘇神社に到着!



せいくらべで記念撮影?



こちらは人吉駅にある、からくり時計になります。1時間に1回、からくり仕掛けで時報を教えてくれます。ちょうど時間が合いましたので立ち寄りました。見物客もたくさん!



アニメキャラクターの電車を発見!



次に駅の近所にある、みそ・しょうゆ蔵を見学しました。



味噌や醤油、佃煮なども購入できますが、糖尿病の方におすすめするのは難しい所、、、

最後に部屋でお茶も用意してありました。

 

今回のめぐりを参考に、3月を予定している糖尿病友の会 なんてんの会レクレーションに活かしたいと思います。

以上、人吉めぐりでした。

甲佐町蚤の市2016

2016年10月3日

先日、「甲佐町蚤の市2016」が開催され、当院も参加しました!

甲佐町蚤の市は、県内外の様々なお店が甲佐町商店街を中心に展示するイベントになります。今年は150店舗以上の参加と聞きました。甲佐町最大のイベントなんじゃないでしょうか?

 



当院ブースの場所はこちら、手前側になります。

奥には巨大なくまモンも見えますね!?

 



当ブースでは、「砂糖を使わないキャロットケーキ」と「谷田病院が考えた健康茶」の販売ブース



救急車体験コーナー



健康相談と子供向けナース服試着コーナーを行いました!

 



早速、子供向けのナース服に来ていただきました!



かわいいですね!救急車をバックに記念撮影。親御さんもご自分のカメラで撮影して頂きました。



そのまま救急車体験に!はじめて乗る救急車はどうだったかな?



カガミもご用意しました。自分のナース服姿に、にんまりされてました!



様々なサイズをご用意しましたので、こんな小さなお子さんもナースに変身!


非常に多くの方々が訪れて頂きました!



販売ブースでは、暑い天候もあってか「谷田病院が考えた健康茶」が人気メニューでした。



お茶をそのまま凍らせた氷をプラスした健康茶



実はこちらの商品になります。

隣町の美里町でとれたクワの葉をはじめ、すべて国産の葉で構成しています。また、血糖値が上がりにくくなる、代謝アップ、脂肪の吸収を抑えるといった効能があります。こちらの商品も売れてましたよ。



こちらは、砂糖を使わないキャロットケーキです。砂糖を使ってないけど、ほんのり甘くて美味しいんです!

お出しするものは、これに生クリームをのせてお渡ししました!

 

10:00~16:00まで開催され、会場に訪れた方も、ものすごい人数だったんじゃないでしょうか?当院も初めてでドキドキの参加でしたが、無事最後まで大きな事故もなく終えることができました!

当日、ブースまでお越しくださっ方々は、本当にありがとうございました!また、来年も参加できればいいですね!

 

以上、蚤の市参加のお話でした。

甲佐町 蚤の市に出店!

2016年9月29日

2016年10月2日(日)10:00~16:00に予定している甲佐町蚤の市をみなさんご存知ですか?

甲佐町商店街を中心とした、いろんなお店がこの日に集合するイベントになります。

※甲佐町蚤の市についてはこちらhttp://cosanominoichi.wixsite.com/cosa

 

この甲佐町蚤の市ですが、今回、なんと当院も出店する事になりました!

気になる内容を、みなさんにご紹介したいと思います!

 

●砂糖を使わない「キャロットケーキ」

実は、当院には県内の有名なお菓子屋さんで修行していた職員と小学生の頃から趣味でお菓子を作っていた職員がいます。その2人を中心に当院で毎月第2水曜日に実施している糖尿病教室スタッフと一緒に考えた「キャロットケーキ」を作りました!



この2人になります。先日行った、試食の様子をちょこっと紹介します。



人参もたっぷり!



さすがに手慣れた感じで進めていきます。



試食用が出来上がりました!中がしっとりとして、ずっしりと量もあり、ちょうどいい甘さです。



生クリームとミントの葉をのせて完成となります!生クリームなしでも十分美味しかったのですが、生クリームが加わると激ウマでした!

そして、横にあるカップは何かというと、、、

 

●谷田病院がかんがえた健康茶



実は、糖尿病教室スタッフが別途進めていた「谷田病院がかんがえた健康茶」をお出しする予定です。

この健康茶、隣町の美里町で作っているクワの葉をはじめ、すべて国産で出来ている健康茶になります。糖尿病教室で考えただけあり、「血糖値が上がりにくい、脂肪の吸収を抑える、基礎代謝のアップ!といった効用があり、健康にいいお茶になります。



ぜひ当日は、氷で冷やしたお茶と、キャロットケーキのセットでお買い求めください!

また、谷田病院がかんがえた健康茶は、ティーパックと茶葉の2種類も販売しておりますので、こちらも合わせてどうぞ!

 

●救急車体験コーナー&健康相談コーナー

販売展示は以上になりますが、同じ場所で、健康相談コーナーと救急車体験コーナーも展開しております!

救急車体験は、子供用の看護師服装もご用意しておりますので、ぜひ子供さんの看護師姿をスマホ等にて撮影ください!

こちらは、もちろん無料になります。お隣では、商工会さんが展開される射撃場も展示予定だという事です。

ぜひ、お子さんと一緒にお気軽にお寄りください!

 

以上、甲佐町蚤の市出店の話でした。

夏の糖尿病教室

2016年8月12日

毎月第2水曜日に開催している糖尿病教室。

今回は、夏真っ盛りという事で、かき氷をメニューに加えました!

 



こちらが、かき氷機!本格的なものとなります。



糖尿病教室の様子。管理栄養士が調理のポイントを説明します。



今回のメニューは、麻婆豆腐です。美味しそうですね!



こちらが、完成メニューです。



そして、こちらがかき氷!氷も調達して、本格的なものです。



密は手作りのキュウイ味です!



みんなで試食中!

その後、PTによる体操や糖尿病指導医の佐藤Drによるお話など行いました。



糖尿病教室終了後、かき氷があまったので、職員におすそ分けしました。

その日は、暑い日でしたので大人気!あっという間に売り切れました。

 

以上、夏の糖尿病教室でした。

出前の健康講座

2016年7月29日

当院では、老人会といった地域の方々が集まった公民館などに出向いて出前の健康講座を行っております。



講師は当院のスタッフで、看護師、リハビリスタッフ、管理栄養士などご要望に合わせて行います。



先日行った内容は、リハビリスタッフによる「腰痛、膝痛について」講座を行いました。

ご要望があれば、できる限り対応いたします。

また、甲佐町では熊本地震の影響で仮設住宅での生活を送られている地区もあり、少しでも当院がお手伝いできる所があれば幸いです。興味のある方は、いちどお問い合わせください。

 

お問い合わせは、096-234-1248(担当 西田まで)

復興ケアイベント

2016年7月1日

熊本地震から2ヶ月を過ぎましたが、その後も余震が続いたり、先日の大雨による土砂災害など新たな災害に見舞われたりと、なかなか落ち着かない状態が続いています。

そんな中、患者さん職員も含めて少しでも元気になっていただこう、と復興ケアのイベントを行いました!

 

まずはピアリンバという、ピアノとマリンバで奏でるコンサートを行いました。



心に響くやさしいミュージックで癒されます



患者さんも聞き入っていました。こちらはマリンバです。



こちらはピアノになります。病院内の3ヵ所回って頂き、コンサートを行ってもらいました。

 

続いては、KKTさんによるボランティア企画 リフレッシュケアです。

「笑顔の写真撮影」と題して、プロのカメラマンによる写真撮影会を行いました。



本格的なセットを院内の一画に設定しました



撮影は、終始楽しい雰囲気で行われました。

患者さんも撮影し、一生の思い出になりましたと感想を言われる方もいらっしゃいました。



もちろん職員も撮影しました。常に笑顔!笑顔が絶えませんでした

 

今回、復興ケアイベントとして2つのイベントを行いましたが、震災後、沈んでいた気持ちも少しは和らげたのではないでしょうか?

早くみなさんの笑顔が以前のように戻るといいですね。

 

以上、復興ケアイベントでした。

<熊本地震>仮設住宅調査

2016年6月10日

リハビリスタッフによる仮設住宅の調査の報告を勉強会形式で実施しました。


先日、甲佐町白旗地区に90戸の仮設住宅ができあがりましたが、甲佐町では高齢化率も高く、医療スタッフによる建物の調査に行ってきました。



もとはグラウンドになります。アスファルトで舗装してありました。



これが仮設住宅になります。甲佐町は夜間の照明設備がありましたので、夜間作業もはかどり、他の地域より早く住宅が完成したとの事です。また、仮設住宅のタイプは1DK、2DK、3Kの3タイプになるそうです。



入口は段差があります。また手すりも、あるタイプ、ないタイプがあるとの報告でした。福島の災害でも、高齢者が利用する場合の仮設住宅には段差の問題などがあったという話でした。しかし、どういった方が仮設住宅に入居されるかというのは住宅着手時にはわからない状態ですので、今後はこのあたりが課題になりそうです。



こちらは台所になります。右上にお風呂のスイッチがありますが、かなり高い位置にあって高齢者が利用するにはちょっと大変そうです。



こちらがお風呂場になります。やはり狭いですね。仮設住宅全般に言えますが、介護保険利用者の方が住むには色々と問題がありそうです。あくまで仮設住宅といえばそうですが、せめて段差がないような工夫などは、今後検討していかなければならないのでは、と考えられますね。

また、手すりをつけるといった住宅改修は基本的にダメだという話でありましたが、当院スタッフが県に問い合わせた所、個別で必要な方は住宅改修も可能という回答を頂きました。

 

この仮設住宅は、当院の患者さんも利用が決まっています。また当院患者さん以外でも、安心して生活ができるよう当院スタッフも甲佐町と連携し協力していければ、と考えています。

 

以上、仮設住宅調査の話でした。

ご支援頂いた皆様へ

2016年5月18日

<熊本地震>ご支援いただいた皆さまへ
4 月14 日・16 日に発生した熊本地震で、谷田病院も被災しておりましたが、幸いライフライン等の復旧が早く、21 日からは会議室に10 床の追加ベッドを運び込み、臨時病棟として運用を開始しました。
実現するにあたり、たくさんの業者さん、全国から40 名以上の医療ボランティアの方々にご支援いただきました。また、支援物資・お見舞金についても、励みになるメッセージとともにたくさんいただきました。ほぼ全ての職員が何らかの被災をしており、こうしたご支援が心から支えとなりました。ありがとうございます。
慌ただしい中での対応で、行き届かない点も多々あったかと思います。ご迷惑をおかけいたしました。
今後も、熊本県の甲佐町、美里町、御船町を中心に、地域に根ざしたヘルスケアサービスを提供していけるよう、日々研鑽を積んでいきたいと思っております。
こちら方面にお越しの際には、ぜひお立ち寄りいただき、復興している様子をご覧いただけると幸いです。

谷田病院 理事長・院長 谷田 理一郎
看護部長 岩崎 真由美
事務部長 藤井 将志


 

<熊本地震>谷田病院の情報 4月30日現在

2016年4月30日

谷田病院の震災に関する情報(4月30日現在)

ボランティアについて

被災病院からの患者受入に対応するため、臨時的な病床を開いております。それに伴う医療ボランティアスタッフを募集しております。

時期:〜5月13日頃まで

 

現在募集中の医療スタッフ

・【介護職】 病棟ケア、補助業務、認知症デイ、保育所

・【リハビリセラピスト】 病棟でのリハビリテーション

 

 

診療状況

通常の外来診療を行っています。

・一般内科:月~金 9:00~12:30、13:30~17:30、土 9:00~12:30

・小児科:月~土 9:00~12:30(5月中旬までは午後も受診相談を受けております)

・当院の診療圏内で通院困難な方へは、避難所等へ回診を実施しています。ご希望の方はご連絡ください。

 

被災者採用

期間限定もしくは継続的な新規採用を行っている職種です。

・医師:訪問診察(週1〜毎日)、整形外科(月1〜週1日)、精神科(月1〜週1日)

・薬剤師

・調理師

・調理補助

・看護師

・介護職

 

※問い合わせ先:谷田病院 096-234-1248 (事務部長 藤井将志)

 

« 前のページ