ホーム > 活動ブログ

医師紹介 交通アクセス 採用案内 広報誌「なんてん」 活動ブログ フェイスブック 谷田会関連施設 お問い合わせ リンク 当院は(財)日本医療機能 評価機構認定病院です。

特定医療法人 谷田会 谷田病院

〒861-4601
熊本県上益城郡甲佐町岩下123
Tel:096-234-1248
Fax:096-234-1249

復興ケアイベント

2016年7月1日

熊本地震から2ヶ月を過ぎましたが、その後も余震が続いたり、先日の大雨による土砂災害など新たな災害に見舞われたりと、なかなか落ち着かない状態が続いています。

そんな中、患者さん職員も含めて少しでも元気になっていただこう、と復興ケアのイベントを行いました!

 

まずはピアリンバという、ピアノとマリンバで奏でるコンサートを行いました。



心に響くやさしいミュージックで癒されます



患者さんも聞き入っていました。こちらはマリンバです。



こちらはピアノになります。病院内の3ヵ所回って頂き、コンサートを行ってもらいました。

 

続いては、KKTさんによるボランティア企画 リフレッシュケアです。

「笑顔の写真撮影」と題して、プロのカメラマンによる写真撮影会を行いました。



本格的なセットを院内の一画に設定しました



撮影は、終始楽しい雰囲気で行われました。

患者さんも撮影し、一生の思い出になりましたと感想を言われる方もいらっしゃいました。



もちろん職員も撮影しました。常に笑顔!笑顔が絶えませんでした

 

今回、復興ケアイベントとして2つのイベントを行いましたが、震災後、沈んでいた気持ちも少しは和らげたのではないでしょうか?

早くみなさんの笑顔が以前のように戻るといいですね。

 

以上、復興ケアイベントでした。

<熊本地震>仮設住宅調査

2016年6月10日

リハビリスタッフによる仮設住宅の調査の報告を勉強会形式で実施しました。


先日、甲佐町白旗地区に90戸の仮設住宅ができあがりましたが、甲佐町では高齢化率も高く、医療スタッフによる建物の調査に行ってきました。



もとはグラウンドになります。アスファルトで舗装してありました。



これが仮設住宅になります。甲佐町は夜間の照明設備がありましたので、夜間作業もはかどり、他の地域より早く住宅が完成したとの事です。また、仮設住宅のタイプは1DK、2DK、3Kの3タイプになるそうです。



入口は段差があります。また手すりも、あるタイプ、ないタイプがあるとの報告でした。福島の災害でも、高齢者が利用する場合の仮設住宅には段差の問題などがあったという話でした。しかし、どういった方が仮設住宅に入居されるかというのは住宅着手時にはわからない状態ですので、今後はこのあたりが課題になりそうです。



こちらは台所になります。右上にお風呂のスイッチがありますが、かなり高い位置にあって高齢者が利用するにはちょっと大変そうです。



こちらがお風呂場になります。やはり狭いですね。仮設住宅全般に言えますが、介護保険利用者の方が住むには色々と問題がありそうです。あくまで仮設住宅といえばそうですが、せめて段差がないような工夫などは、今後検討していかなければならないのでは、と考えられますね。

また、手すりをつけるといった住宅改修は基本的にダメだという話でありましたが、当院スタッフが県に問い合わせた所、個別で必要な方は住宅改修も可能という回答を頂きました。

 

この仮設住宅は、当院の患者さんも利用が決まっています。また当院患者さん以外でも、安心して生活ができるよう当院スタッフも甲佐町と連携し協力していければ、と考えています。

 

以上、仮設住宅調査の話でした。

ご支援頂いた皆様へ

2016年5月18日

<熊本地震>ご支援いただいた皆さまへ
4 月14 日・16 日に発生した熊本地震で、谷田病院も被災しておりましたが、幸いライフライン等の復旧が早く、21 日からは会議室に10 床の追加ベッドを運び込み、臨時病棟として運用を開始しました。
実現するにあたり、たくさんの業者さん、全国から40 名以上の医療ボランティアの方々にご支援いただきました。また、支援物資・お見舞金についても、励みになるメッセージとともにたくさんいただきました。ほぼ全ての職員が何らかの被災をしており、こうしたご支援が心から支えとなりました。ありがとうございます。
慌ただしい中での対応で、行き届かない点も多々あったかと思います。ご迷惑をおかけいたしました。
今後も、熊本県の甲佐町、美里町、御船町を中心に、地域に根ざしたヘルスケアサービスを提供していけるよう、日々研鑽を積んでいきたいと思っております。
こちら方面にお越しの際には、ぜひお立ち寄りいただき、復興している様子をご覧いただけると幸いです。

谷田病院 理事長・院長 谷田 理一郎
看護部長 岩崎 真由美
事務部長 藤井 将志


 

<熊本地震>谷田病院の情報 4月30日現在

2016年4月30日

谷田病院の震災に関する情報(4月30日現在)

ボランティアについて

被災病院からの患者受入に対応するため、臨時的な病床を開いております。それに伴う医療ボランティアスタッフを募集しております。

時期:〜5月13日頃まで

 

現在募集中の医療スタッフ

・【介護職】 病棟ケア、補助業務、認知症デイ、保育所

・【リハビリセラピスト】 病棟でのリハビリテーション

 

 

診療状況

通常の外来診療を行っています。

・一般内科:月~金 9:00~12:30、13:30~17:30、土 9:00~12:30

・小児科:月~土 9:00~12:30(5月中旬までは午後も受診相談を受けております)

・当院の診療圏内で通院困難な方へは、避難所等へ回診を実施しています。ご希望の方はご連絡ください。

 

被災者採用

期間限定もしくは継続的な新規採用を行っている職種です。

・医師:訪問診察(週1〜毎日)、整形外科(月1〜週1日)、精神科(月1〜週1日)

・薬剤師

・調理師

・調理補助

・看護師

・介護職

 

※問い合わせ先:谷田病院 096-234-1248 (事務部長 藤井将志)

 

<熊本地震>谷田病院の情報 4月26日現在

2016年4月26日

谷田病院の震災に関する情報(4月26日現在)

【ボランティアについて】

被災病院からの患者受入に対応するため、臨時的な病床を開いております。それに伴う医療ボランティアスタッフを募集しております。

時期:〜5月13日頃まで

 

(現在募集中の医療スタッフ)

・介護職:病棟ケア、補助業務、認知症デイ、保育所

・薬剤師、薬剤補助:病棟薬剤業務

※おかげさまで医師・看護師は、定数となりました

 

【診療状況】

通常の外来診療を行っています。

・一般内科:月~金 9:00~12:30、13:30~17:30、土 9:00~12:30

・小児科:月~土 9:00~12:30(5月中旬までは午後も受診相談を受けております)

・当院の診療圏内で通院困難な方へは、避難所等へ回診を実施しています。ご希望の方はご連絡ください。

 

【被災者採用】

期間限定もしくは継続的な新規採用を行っている職種です。

・医師:

訪問診察(週1〜毎日)、整形外科(月1〜週1日)、精神科(月1〜週1日)

・薬剤師

・調理補助

・看護師

・介護職

 

※問い合わせ先:谷田病院 096-234-1248 (事務部長 藤井将志)