ホーム > ご利用の皆様へ > 入院について

診療のご案内や外来受診担当表など ご利用の皆様へ

入院について

当谷田病院では、入院される患者様の一日でも早いご回復を願うものです。病気のことや検査・治療・介護のことで分からないことがありましたら、ご遠慮なく医師・看護師にお尋ねください。


手続き・ご案内

手続き・ご案内

受付で、入院の説明や必要書類をお渡し致します。尚、保険証等、老人医療の限度額適用・標準負担額認定証をお持ちの方はは必ずご提出下さい。



ご用意頂くもの

  • 保険証(介護保険証も含む)
  • 印鑑
  • 入院申込書
  • 靴またはスリッパ(滑らないもの)
  • 湯呑み、楽のみ等
  • 靴またはスリッパ(滑らないもの)
  • 寝衣(パジャマ)
  • 下着
  • タオル4〜5枚
  • バスタオル2〜3枚
  • 電気カミソリ等

※入院時の持ち物には必ず記名をお願いします。



面会時間

面会時間は患者様の治療と十分な安静の為に下記の通りになっております。

面会電話
13:30〜20:0013:30〜20:00
(急用以外の方はご遠慮ください)
  • 面会のときは必ずスタッフステーションへお申し出ください。
  • 症状または治療の都合によりご遠慮願う場合もあります。
  • 患者様の負担にならないよう 一度に多数での面会はご遠慮下さい。
  • お子様連れの面会は感染しやすいのでご遠慮ください。


室料(1日につき)

※個室料には消費税が含まれております。

特別室
317号室
1日 8,640円和室あり。バス、トイレ、冷蔵庫、電話、テレビ
特A室
316号室・318号室
1日 5,400円洋室、バス、トイレ、冷蔵庫、電話、テレビ
特B室
315号室・320号室
1日 3,240円洋室、トイレ
特C室
2人室
1日 540円個人ロッカー


付添いについて

本院は基準看護を実施していますので付添いの必要はありません。但し病状等その他により、主治医の許可を得た場合は家族に限って付添うことがとできます。スタッフへご相談ください。



食事について

食事は病気の種類、症状に応じて医師が指定した食事を行います。食事時間は、朝食8時、昼食12時30分、夕食18時となっております。食品衛生上、飲食物のを持つ込むことはご遠慮ください。
なお院内での飲酒は堅く禁じます。



入院中の紙オムツの使用について

入院中の紙オムツの使用につきましては、排泄ケアの一環として院内で統一した製品を使用しておりますので、持ち込みはご遠慮ください。



入院医療費の計算とお支払いについて

入院費の計算

健康保険法、介護保健法の規定により計算します。
保険診療以外の場合は、全額個人負担となります。



保険適用外の費用

  • 室料差額ベッドをご利用の場合
  • 診断書等の文書料
  • オムツ代(介護保険病床はのぞく)
  • 交通事故等荷より自賠責で入院された場合の室料については
    8日目以降より自己負担となります。


入院費用の支払い

入院中のお支払いは、1ヶ月毎に計算し翌月15日位までに請求書をお渡します。
また、退院時は、当日請求書をお渡ししますので、1階会計窓口にてお支払いいただきますようお願い致します。



入院中のお願い

  1. 入院中に保険証の更新や変更があった場合は、早めに受付事務迄お知らせ下さい。保険証は毎月1回確認致します。
  2. 入院中は病院の駐車場内に車を置くことはご遠慮下さい。やむを得ず駐車される方は駐車許可証を発行致します。各病棟職員へお申し出ください。
  3. 全館禁煙となっております。ご本人、周囲の皆様のために御協力お願い致します。
  4. パソコン、ラジオ等の電化製品を持ち込まれる場合は職員へお知らせください。(電気代はご負担頂きます。)
  5. 病院内での携帯電話の使用は決められた場所でお願いします。(医療機器の誤作動の原因となります。)
  6. 洗濯は各病棟設置のコイン洗濯機および乾燥機をご利用されるか、クリーニング業者へ委託をお願い致します。
  7. 入院中の外出、外泊は主治医へご相談ください。なお、外出、外泊先での飲酒後の帰院は固くお断りします。(やむを得ず退院ををお願いする場合もあります。)
  8. 消灯時間は午後9時30分となっております。
  9. 外部からの物売り、出前はお断り致しております。
  10. 屋上への出入りは安全管理上をご遠慮ください。
  11. 貴重品や多額現金の持ち込みはご遠慮下さい。事故防止のため入院中の現金はできるだけ小額とし、貴重品等の持ち込みはご遠慮ください。
    (紛失されても、責任を負いかねますのでご了承ください。)


医療相談

入院生活、医療費など経済的なこと、退院後の生活、あるいは福祉制度の利用などについて、心配なこと、お困りのことや、よくわからないことがありましたら遠慮なくスタッフステーションまたは2階の総合相談窓口にお尋ねください。医療ソーシャルワーカーが相談をお受けします。





お見舞いについて