ホーム > 病院の取り組み > リハビリへの取り組み

医師紹介 交通アクセス 採用案内 広報誌「なんてん」 活動ブログ フェイスブック 谷田会関連施設 お問い合わせ リンク 当院は(財)日本医療機能 評価機構認定病院です。

特定医療法人 谷田会 谷田病院

〒861-4601
熊本県上益城郡甲佐町岩下123
Tel:096-234-1248
Fax:096-234-1249

診療のご案内や外来受診担当表など ご利用の皆様へ

リハビリへの取り組み

「家がよか!」入院すれば誰もがそう願うことでしょう。しかし身体が不自由になり「自信が無い・・」不安なケースでも、家の環境を改善することで自宅退院が可能になることも。他の職種と協力しながら住宅環境の工夫や福祉用具を活用することで「やっぱり家はよか!」を実現しましょう。当院リハビリの各専門スタッフが全力でお手伝いします。


退院前に家屋調査

住み慣れた自宅を身体に合わせて生活しやすい環境に整えるために、ご自宅に伺い家屋改修や福祉用具導入のアドバイスを行っています。





専門職種による様々なリハビリ

当院では次の専門職種により、様々なリハビリを行っています。







理学療法士(PT:Physical Therapy)
脳卒中や骨折などで運動機能が低下した患者さんに対し、基本動作能力(寝返る・起きる・座る・立つ・歩くなど)の回復を目的として日常生活の自立を援助する療法です。患者さんの様々な身体機能に応じて(筋力低下、マヒ、制限のある関節など)徒手的または道具を用いながらの運動療法や歩行訓練・バランス訓練などを行います。また必要に応じ義肢・装具・車椅子や歩行補助具などの使い方の指導や練習を併せて行います。
身体の痛みや不快感に対しては、温熱・寒冷・電気・光線などを利用した物理療法を利用して軽減を図ります。






作業療法士(OT:Occupationarl Therapy)
病気やケガにより日常生活(食事・排泄・更衣など)及び、家事動作・仕事・余暇活動において支障が生じた方に対し、患者さんが望まれる生活にできる限り近づき、生き生きとした自分らしい生活が送れるよう作業活動を用いて治療・指導・援助を行います。






言語聴覚士(ST:Speech language Therapy)
何らかの病気(脳卒中・脳腫瘍・頭部外傷・神経難病など)によって、言葉の障害(言葉が出にくくなる・発音が不明瞭になる)や摂食嚥下障害(むせる・上手く噛めない・飲み込みにくくなる)でお困りの方に対して、機能の回復や維持に必要な治療・指導・援助を行います。






摂食・嚥下リハビリテーション
当院において言語聴覚士は、入院・外来の患者さんを対象に「飲込みの訓練」を行っています。飲込 みの障害に対しては、医師・看護師・管理栄養士など他職種と協力しながら、食事を安全に美味しく食べて頂くために、ビデオ嚥下造影検査(VF検査)や食事形態の検討、食事場面での指導を行っています。